外貨の高い金利に注目

証拠金取引における長期投資は、外貨の買いポジションをそのまま長く持ち続けることです。それによって金利差にあたるスワップポイントを積み上げて利益を狙います。金利の高い外貨に着目する点は外貨定期預金に似ています。

例えば50万円の資金を証拠金としてレバレッジをかけて、1NZドル=90.0円で10万NZドルを購入しました。それを1年間持ち続け、為替市場の相場が円高の方向に動いたので、1NZドル=88.0円で売却しました。NZドルの売却レートが購入レートより安かったので、20万円の為替差損が生じてしまいましたが、1日平均のスワップポイント1920円(平均192円×10)を365日積み重ねた結果、その合計が70万800円に達し、トータルでは利益を獲得したことになるのです。

長期投資でスワップポイントによる利益を出す

短期的な為替相場に一喜一憂せずに、中長期でじっくり保有したいという長期投資(中長期保有投資スタイル)を考えるなら、スワップポイントによる利益に注目すると良いでしょう。じっくりと外貨を長期間保有することで、スワップポイントによる利息収入を得よう、という投資手法です。

フォーランドオンライン
完全信託保全、監査法人の外部チェックなど顧客資産を徹底管理!他社よりも圧倒的に高いスワップポイント!スワップだけの出金にも対応。
口座開設