スワップ金利とは2国間の金利差益

スワップ金利とは外為投資で取引した2国間の政策金利の差分です。FXではこの差益をスワップポイントとして毎日受け取ることができます。つまり、海外通過を保有している間は金利差益が毎日発生し、それが利益となります。これをスワップポイントと呼びます。

長期保有の投資スタイル

スワップポイントが毎日受け取れるわけですから、取引している通貨を長く持っている方が利益が積み重なります。日々の相場レートにそれほど左右されることなく、仮に為替相場のトレンドが円高になったとしても、あくまでまだ含み損であり、決済する際に元の通貨レートに戻っていれば良いわけです。ですから、金利の高い通貨を金利の安い円で買って、長期保有してスワップポイントを毎日受け取り続ける長期の投資スタイルが人気です。

為替差益には要注意

長期保有で為替相場には左右されないとはいえ、急激な円高などの相場変動には注意が必要です。せっかく積み重ねてきたスワップポイントが、為替差益による損失でマイナスになってしまっては、意味がありません。為替相場に円高の傾向があれば、速やかに決済をして、様子を見るのが良いでしょう。

スワップポイントは減ることもある

2007年の中ごろまでは、日本だけが超低金利で、外国の通貨は円と比べて軒並み高金利でした。そのため、FXで外貨を買いポジションで保有していれば、多額のスワップポイントを受け取ることができました。

しかし、サブプライムローンをはじめとした世界的な金融危機が生じた2008年の後半以降、世界中の通貨の利下げが相次ぎました。その結果、米ドルをはじめ、ユーロや豪ドルも金利が低下しています。

保有している外貨の政策金利が下がれば、受け取ることのできるスワップポイントも少なくなります。

フォーランドオンライン
完全信託保全、監査法人の外部チェックなど顧客資産を徹底管理!他社よりも圧倒的に高いスワップポイント!スワップだけの出金にも対応。
口座開設